ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

女子ツアーは10年ぶりに観客総動員数60万人超

2019/12/05 08:11


2019年の国内女子ツアーは、年間7勝を挙げた鈴木愛が2017年以来2度目の賞金タイトルをつかんだ。ツアー本格参戦1年目で国内メジャー1勝を含む4勝を挙げた渋野日向子は史上最年少賞金女王を逃したが、ニューヒロイン誕生は女子ゴルフ界を盛り上げた。古江彩佳のアマチュア優勝を含め、10人のツアー初優勝者を生んだシーズンの観客動員数を検証する。

10年ぶりに60万人超え

日本ゴルフトーナメント振興協会によると、39試合が行われた今シーズンのギャラリー総数は昨年比12万5534人増の68万2868人。60万人を超えたのは諸見里しのぶ横峯さくら有村智恵による三つどもえの賞金女王争いで白熱した2009年以来10年ぶり。当時は34試合でギャラリー数は60万4994人を記録した。

最多ギャラリー数を記録した大会は?

全体で最多ギャラリー動員数を記録した大会は、4日間競技の国内メジャー「日本女子オープン」の4万6165人。25試合が行われた3日間競技で最もギャラリー数が多かったのは、8月の海外メジャー「AIG全英女子オープン」を制した渋野が帰国後初優勝を飾った9月「デサントレディース東海クラシック」の2万4915人だった。

渋野フィーバーの以前と以後では?

1試合平均のギャラリー数は1万7509人で、渋野が全英を制覇する以前の22試合の平均は1万5467人。全英後の17試合(台風の影響で最終日が無観客となった27ホール短縮競技の「スタンレーレディス」を含む)の平均が2万151人。渋野が出場した13試合に限ると、予選落ちした「伊藤園レディス」を含めて平均2万2085人だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。