ニュース

国内女子デサントレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子「挑戦もしません」恒例ドラコン大会は不参加

2019/09/19 17:59


◇国内女子◇デサントレディース東海クラシック 事前(19日)◇新南愛知CC美浜コース (愛知)◇6446yd(パー72)

大会初出場となる渋野日向子が、大会2日目に行われる恒例のドライビングコンテストに「出場しません」と明言した。

同コンテストは20人までエントリー可能で、1989年から28回(12年と17年は荒天で中止)にわたり実施。ラウンド終了後に1番ホールで行われ、ツアー会場で飛ばし自慢たちの争いが楽しめる唯一のイベントとして定着した。優勝者には賞金50万円が贈られ、和やかなムードの中にもプライドをかけた真剣勝負が繰り広げられてきた。

前週の「日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯」から参加に後ろ向きだった渋野だが、今週開幕前日のプロアマ後に「ドラコンはないです。無理です」と改めて否定。「だって、去年の(結果)をみたら260ydとかですよね。出ないです。どれだけ(距離が)出るんだ、という感じ。挑戦もしません」と断言した。

渋野の今季平均ディスタンスは245.73ydで全体14位。昨年のドラコンで優勝した穴井詩は、渋野の記憶を10yd以上も上回る272ydだった。19日(水)時点で連覇がかかる穴井のほか、昨季同ランク1位の葭葉ルミ、今季同ランク3位の松田鈴英らが出場の意向を示している。(愛知県美浜町/塚田達也)

<ドライビングコンテスト優勝者>※過去5回
13年/O.サタヤ/262.2yd
14年/山城奈々/276.1yd
15年/渡邉彩香/263.6yd
16年/渡邉彩香/280.2yd
18年/穴井詩/272.0yd

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 デサントレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。