ニュース

国内女子デサントレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

故障に泣いてきた香妻琴乃 8週連続出場で迎える前年V大会

2019/09/19 07:00


◇国内女子◇デサントレディース東海クラシック 事前(18日)◇新南愛知CC美浜コース (愛知)◇6446yd(パー72)

前年大会で涙の初優勝を飾ってから一年。初めてのディフェンディング大会に臨む香妻琴乃が火曜日(18日)にイン9ホールの練習ラウンドをこなし、「気持ち的にはそんなに実感はないけれど、取り組んできたことの成果が出せればいい」と謙虚に目標を掲げた。

歯切れの悪さは、ひとえに成績不振による。今季は前週までの全28試合で23試合に出場しているが、うち15試合で予選落ちし、最高位は6月「ヨネックスレディス」の23位。今季獲得賞金は273万9000円でランキング114位に沈んでおり、現時点での賞金シードライン(ランキング50位、1702万8785円)をはるかに仰ぎ見る危機的な状況で、シーズン終盤にさしかかっている。

低迷が続く要因のひとつに、「体調面で不安があったりして、自分がやりたい練習が思うようにできなかった」と、シーズン序盤からのつまずきを挙げた。以前から悩まされている腰痛が再発し、3月「アクサレディス」を途中棄権。その後2週休んで戦線復帰したが、今度は無理がたたったのか、「初めて」という肩の炎症に直面した。

「水が溜まり5月までずっと痛かった」と練習もままならない春を過ごした。「練習ができない危機感と焦り」の中で、大会欠場の決断は最小限。注射による治療を続け、なんとか回復に手ごたえを感じた6月ごろから、ようやく練習量も増やしはじめたという。周囲はすでにシーズン中盤でトップパフォーマンスの状況。すぐに結果は伴わない。

それでも体調不安の解消は大きい。粘り強く、厳しい結果を受け止め、復調の手がかりを模索しながら、8月初めの「大東建託・いい部屋ネットレディス」以来となる8週連続のツアー出場で迎える前年優勝大会だ。

「コースはこれまで難しいイメージだったけれど、去年でガラリと印象が変わった。今年はどこに打っていけばいいのか(攻略プランが)固まっている感じもある。今週で良いきっかけがつかめればいいな、という気持ちでいきたい」

思えば前年大会も、プロ転向8年目で苦労の末にたどり着いたツアー初優勝だった。イメージの良い会場で、気分良く、シーズン終盤戦へ弾みをつけるプレーを見せたい。(愛知県美浜町/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 デサントレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。