ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗 渋野快挙に揺らいだ自尊心

2019/09/15 20:11


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日(15日)◇チェリーヒルズGC(兵庫)◇6425yd(パー72)

20歳の畑岡奈紗が国内メジャー3勝目を最年少で達成した。2打差の単独首位から出て1イーグル5バーディ、2ボギーの「67」で回り、2位に8打差をつける通算18アンダー。前年優勝者の申ジエ(韓国)が出した大会最少ストローク記録(272/通算16アンダー)を2打塗り替えた。

たくましくなった体と腕が、世界ランキング9位へと上ってきた力が、自らの立ち位置を証明した―。海外メジャー「AIG全英女子オープン」を制した同学年の渋野日向子、海外メジャー7勝で元世界ランク1位の朴仁妃(韓国)が出場した今大会。ただひとり4日間60台を並べ、最後は誰も寄せ付けず圧勝した。

フォン・シャンシャン(中国)らとの最終組。2mにつけたスタートの1番、6Iで2.5mに寄せた2番と2連続バーディを奪った。序盤に独走態勢を築くと、集中力はさらに研ぎ澄まされていく。「20アンダーを目指す。スコアだけを目標にしている方が、私は集中できるから」。大差で完勝することが多いゆえんをそう明かす。後半15番、70ydの第2打を直接入れてイーグルを奪い、やっと頬を緩めて拳を握った。

「ドキドキが落ち着いたのは15番。最後も池が絡むので気は抜けなかった。日本一を決める大会といっても過言じゃない。たくさん良い選手がいる中で勝てたのはうれしい」

勝つべくして勝つ理由がある。3月「キア・クラシック」で米ツアー通算3勝目を挙げた。世界ランカーとして樋口久子以来42年ぶりとなる海外メジャー制覇の期待を一身に背負った。ただ、それ以来勝利に見放され、形勢が変わる。それもわずか1試合で。初の海外挑戦となった「全英」で優勝した渋野がまばゆい輝きを放つ。米国での苦悩が脳裏に浮かび、プライドが揺らぐ。

「今年はなぜか(海外)メジャーだけ、うまく調子を合わせられなかった。前の試合でうまくいっても、メジャーに持っていけないというのがあった。意識しすぎたと思う。日向子ちゃんが勝ってすごく悔しかった」。母・博美さんは「渋野さんの優勝が嫌ってことじゃ、全くないんです。誰かのせいじゃないこともわかっている。でもスポーツ選手で、メジャーのためにやってきた。悔しさはあったと思うんです」と補足した。

国内ツアーでの生涯獲得賞金額1億円に17試合目で到達し、宮里藍の27試合目を大幅に更新した。20歳245日でのメジャー3勝目は諸見里しのぶが持つ23歳59日の記録を抜いた。2016、17年「日本女子オープン」に続くメジャー2冠でも、チョン・インジ(韓国)の21歳55日を抜く年少記録を打ち立てた。「記録は意識していなかった。ただ、20アンダーに届かなかった。そこはちょっと悔しいです」。笑みを浮かべ、貪欲に語った。

次戦は優勝した17年以来となる国内ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」に出場する。「先のことを考えすぎずに1試合1試合やっていきたい。今やっていることは先につながっていく。今を大事にしていきたい」。記録的な国内メジャー制覇から、20年の海外メジャー、東京五輪へ。夢を現実にする道筋を、今は母国でしっかりとつくる。(兵庫県三木市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。