ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

「日本に戻って優勝うれしい」畑岡奈紗のメジャー3勝目は記録尽くし

2019/09/15 16:24


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日(15日)◇チェリーヒルズGC(兵庫)◇6425yd(パー72)

2打リードの単独首位からスタートした畑岡奈紗が「67」と伸ばし、大会最多アンダーパーを更新する通算18アンダーで「日本女子プロ選手権」初優勝を飾った。後続に8打差の圧勝。2016年、17年の「日本女子オープン」に続くメジャー通算3勝目を挙げた。「日本に戻ってきて、メジャー優勝できてうれしい」と喜びを語った。この優勝で畑岡が残した記録は以下の通り。

ツアー史上最年少でメジャー3勝目に到達

20歳245日でのメジャー3勝目は、2009年「日本女子プロ」で達成した諸見里しのぶの年少記録(23歳59日)を大きく更新した。

20歳での日本タイトル2冠は史上初

20歳で「日本女子オープン」(2016、17年)と「日本女子プロ」(2019年)の日本タイトル2冠を達成したのは女子ツアー史上初。ほかに宮里藍(21歳)、諸見里、樋口久子(ともに23歳)らが達成している。

大会最多アンダーパー&最少ストローク

72ホールの通算18アンダー「270」ストロークは、大会の最多アンダーパーと最少ストローク記録を樹立。申ジエ(2018年大会)の通算16アンダー「272」ストロークを更新した。

日本人最速で生涯獲得賞金1億円を突破

優勝賞金3600万円を加算した国内ツアーの生涯獲得賞金は約1億2000万円に達し、17試合目での1億円到達は宮里藍の27試合を抜いて日本人最速となった。

海外勢を含めると、申ジエ(15試合)に次いでフォン・シャンシャンと並ぶ2番目の記録。日本勢では宮里の後に諸見里(44試合)、横峯さくら(45試合)が続く。

「日本女子プロ」2番目の年少優勝

20歳245日での「日本女子プロ」優勝は、2014年大会を制した鈴木愛(20歳128日)に次いで2番目の年少記録。3番目は2006年に優勝した宮里藍(21歳83日)。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。