ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

渋野フィーバーが新記録へ追い風に? メジャーなのに距離が短い理由

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 事前(11日)◇チェリーヒルズGC(兵庫)◇6425yd(パー72)

渋野日向子は開幕前日の記者会見で、連続オーバーパーなしのツアー新記録に向け「普通にできれば、更新できる」と珍しく、強い自信をのぞかせた。

アン・ソンジュ(韓国)の28ラウンド連続記録に並んでおり、12日の第1ラウンドに記録更新がかかる。追い風となりそうなのが、“渋野フィーバー”を見越してのコースセッティングだ。

今季メジャー第2戦の総距離は6425ydに設定された。直近10年間の「女子プロ選手権」で、最も長かったのは2016年大会の6750yd、逆に最も短かったのは10年大会の6601yd。日本女子プロゴルフ協会(LPGA)肝いりのメジャー大会としてセッティングに工夫を凝らしてきた同大会で、今年の6425ydは極端に短い。

理由は、渋野効果で例年より大勢の観客が見込まれることだ。セッティングを担当した岡本綾子チェリーヒルズGCのアップダウンが激しく、コース内の観客の通路が狭いことなどを考慮し「ギャラリーと選手の交差や、導線を考えた。安全面も踏まえ、6400ydほどが妥当と判断した」と説明する。

夏場の高温により想定以上に伸びたラフは最長30cmに達するものの、柔らかいグリーンで球は止まりやすいとして、多くの選手が激しいバーディ合戦を見据える。鈴木愛は「優勝は15~20アンダーだと思うけど、さらに飛びぬける選手がいてもおかしくはない」と予想した。

こうした声に対し、岡本は「1日4、5アンダーを出す選手が一握りはいると思うが、20アンダーだったら独走になると思う。15アンダーくらいになるのでは」と指摘した。

渋野は「ティショットをしっかりフェアウェイに置けば、チャンスにはつけられる。このコースは出遅れた時点でダメなので、初日からガツガツといきたい」と力を込め、「カットラインは確実にアンダー。一日も油断できない」と記録更新の向こう側に視線を向けた。(兵庫県三木市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。