ニュース

国内女子ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

パー3つ 木村彩子「人生初」の“珍”スコア

2019/09/09 07:04


◇国内女子◇ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント 最終日(8日)◇GOLF5カントリーサニーフィールド(茨城県)◇6380yd(パー72)

赤の勝負服で25位から出たプロ5年目の木村彩子は1イーグル8バーディ、5ボギー1ダブルボギーの「69」でプレーし、通算7アンダーで19位。12ホール目でこの日初のパーとし、「人生でもパー3つはない」と記憶に残る“珍記録”で多忙な一日となった。ホールアウト後は「すごく忙しかった。疲れました」と口にしたが、当意即妙の受け答えは疲労の色を感じさせなかった。

スコアカードに「〇」、「△」と記号でつけているという木村。「あれ、パーがない」と思ったのはハーフを終えたとき。後半も出だしから2連続バーディ。「なんかきょうはパーが取れないかも」と“不安”が頭をよぎる。バンカーに入れた12番(パー3)で、1m弱のパーパットを残した。「これを外してボギーになるのかな」と思ったのもつかのま、初めてのパーでしのぐと、ギャラリーから「やっとパーが来たね」と声をかけられた。

「どうしようもないところに(ボールが)行ってボギーか、1ピン以内のどっちか」と調子の差が激しかった。13番(パー5)で残り220ydを3Wで打ってグリーン段の上2mにつけてイーグル。上がり3ホールの16番、17番(パー3)で連続パーの後、最終18番(パー5)は3打目をグリーン手前の池に入れて5オン2パットのダブルボギー。「◎」と「□」の記号をスコアカードに追加して、派手な締めくくりとなった。一時は通算10アンダーまでスコアを伸ばしたが、ラウンド自体は「30点」と自己採点は厳しかった。

4月の「フジサンケイレディス」から7月の「ニッポンハムレディス」までの11試合は、棄権1試合をはさんですべて予選落ち。その後の「サマンサタバサレディース」で17位。「持ち球のフェードが打てていなくて、出球を軌道修正して良くなった」とショットの不調から抜け出した。8月「ニトリレディス」では3日目に「66」をマークし、最終日にスコアを落としたものの今季自己最高順位の12位に入った。

今大会を終えて賞金ランキングは78位。次戦のメジャー「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」(12~15日、兵庫・チェリーヒルズゴルフクラブ)へ向けて、「私の賞金ランクだと(50位以内に与えられるシードはまだ)厳しいのでトップ5には絶対入りたい」と気持ちを切り替えた。(茨城県常陸大宮市/清野邦彦)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。