ニュース

国内女子ニッポンハムレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ちょっぴり贅沢…安田祐香 プレミアムエコノミーで海外メジャーへ

2019/07/13 17:06


◇国内女子◇ニッポンハムレディスクラシック 3日目(13日)◇桂ゴルフ倶楽部(北海道)◇ 6602yd(パー72)

18歳のアマチュア安田祐香(大手前大1年)は、今月末から海外メジャー2連戦。7月25日(木)からは「エビアン選手権」(エビアンリゾート・フランス)、翌週は「AIG全英女子オープン」(ウォーバーンGC・イングランド)に挑む。同地と同じ洋芝での今大会で「いい経験になっている」と話す。

21日に関西空港から出発するが、父・光祐さんは「遠征に車1台分ぐらいのお金がかかっています」と頭を抱える。それでも腰痛に苦しむ娘のために、エコノミークラスよりも足元が広いプレミアムエコノミー席を準備した。

3位に終わった4月「オーガスタナショナル女子アマチュア」(米ジョージア州)にはエコノミークラスで渡米。安田は「席の前後が狭かった。今回は移動が楽になるのでよかったです」と笑みを浮かべて感謝した。

この日は5バーディ、1ボギーで国内ツアーでは今季自己ベストとなる「68」でプレー。通算5アンダー11位で最終日に臨むが「ショットも良かったし、フェアウェイキープもできていた。ミスがそんなに目立たなかったので、内容としては良かったと思います」。前半1番で3mを沈めてバーディを奪うと、9番でも164ydから6Iで1.5mにつけてバーディを奪った。

「海外は風が吹くと思うので、きょうはそのための練習になったと思います。ティショットはずっといいし、パターもよくなっている」。2連戦に弾みをつけるためにも、結果にこだわる。(北海道苫小牧市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ニッポンハムレディスクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。