ニュース

国内女子資生堂アネッサレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ダスティン・ジョンソンと類似? 渋野日向子のスイングに注目

2019/07/09 18:31


本格参戦1年目で今季2勝、賞金ランキング2位に浮上した20歳の渋野日向子。そのスイングが男子元世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンと似ている、とツアー関係者の間でちょっとした話題になっている。本人も悪い気はしないようだ。

砲丸投げと円盤投げの国体選手だった父、やり投げの選手だった母を持つ渋野。自身も中学までゴルフと並行してソフトボールの投手として活躍し、身に付いた高い運動能力を生かした豪快なスイングが魅力だ。

渋野本人に聞いたところ、スイングづくりの段階でジョンソンのそれを意識したことはなかったそうだが、「『似ている』と言われているのは、たまに耳にしていた」という。

アドレスの特徴はハンドダウンにある。両腕を伸ばすフラットな状態をキープし、低めのトップまで持ち上げると体重を右足に残しながら左足で回転。強いハンドファーストでインパクトの瞬間を迎える。ゴルフダイジェスト誌でもジョンソンのインパクトの瞬間写真と並べて比較された。

スイングが変則的ではないかと疑問を投げられたことがあり、その際、渋野はジョンソンのスイング動画を確認したという。

「レベルは全然違うけど、似ているなと思いましたよ(笑)。でも、あれだけの選手が自分と似ているスイングなら、自分(のスイング)が何か言われても、このままで大丈夫だと思った。だから今のスイングが出来上がりました」

165cmの体から繰り出すジョンソンばり(?)の豪快なスイングにも注目だ。(編集部・林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 資生堂アネッサレディスオープン




特集SPECIAL

2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。