ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/17〜01/20 セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

稲森佑貴、市原弘大ら賞金ランク上位が予選落ち濃厚

◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 2日目(18日)◇セントーサゴルフクラブ (シンガポール)◇7403yd(パー71)

初日に続き第2ラウンドも日没サスペンデッド。2018年度の国内賞金ランク3位の稲森佑貴、同4位の市原弘大、同9位の時松隆光は予選落ちが濃厚となった。

昨年10月の「日本オープン」を制した稲森は通算5オーバー暫定123位で終え、「ズタボロでした。全然ゴルフにならなかったです」と肩を落とした。前週の米ツアー「ソニーオープンinハワイ」に出場し16日(水)にシンガポール入り。練習ラウンドすらできずに開幕戦に挑んだ。「分かってはいたんですけど、ここまで疲れるとは思ってなくて、最後はもう足が限界で立っているのがやっとです」と過密スケジュールに追い込まれる形となった。

昨季2勝の36歳、市原は通算3オーバー暫定105位とし「アイアンとの流れがまだうまくつかめなくて、その辺で苦労しました」と、新しく投入したドライバーの調整不足が響いた。国内ツアーの次戦、4月の「東建ホームメイトカップ」までは「ニュージーランドオープン(アジアンツアー、3月)もあるし積極的に試合に出て調整したい」とし、今年の目標を「去年2勝できたので、それで終わらないようにいいゴルフを作っていきたいなと思います」と前を向いた。

昨年5月の「関西オープン」を制した時松は、前半9番でティショットを左に曲げダブルボギーを喫するなど精彩を欠き、通算3オーバー暫定105位で終えた。「練習が足りない。いい意味でたたかれたかな」と口調に悔しさを込めた。「池を恐がって広い方、広い方に打ってしまったので、チャンスにつけられなかった」と日本とアジアン共催ならではのセッティングにも苦しんだ。「幸先が悪いので、何とか調整して4月に間に合うようにしたいです」と必死に顔を上げ、クラブハウスをあとにした。(シンガポール・セントーサ/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。