ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/17〜01/20 セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

人生初のインフルエンザ感染 片岡大育は病み上がりで3アンダー

2019/01/17 20:48


◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 初日(17日)◇セントーサゴルフクラブ (シンガポール)◇7403yd(パー71)

2017年「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」に続くツアー4勝目を目指す片岡大育が6バーディ、3ボギーの「68」でプレー。3アンダー暫定8位で終えた。「なんだかんだで5回目くらい」というコースについて「嫌いです。狭いし長いし、グリーンは硬いし速いし、全部難しいです」としながらも、上位フィニッシュに「今季初戦ということで少し固さもありましたけど、いいゴルフができました」と自身のプレーに及第点をつけた。

インから出て11番でティショットを左に引っ掛けボギーを先行させたが「そのミスのおかげで気づけた」とクラブの向きを修正。続く12番でバウンスバックした。17番(パー3)で5mを沈め、18番(パー5)で3打目をSWで50cmにつけた。折り返しの1番ではバンカーから20ydチップインさせ3連続バーディを奪った。最終9番でも2打目をピン横1mにつけバーディフィニッシュ。2日目につなげた。

昨年11月の「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」を31位で終えオフに入った。「心身ともに疲れていたのでしっかり休ませてもらって、ランニングとか軽い運動とかはやっていたんですけど」と12月はしっかり休養に充てた。年が明け、いざ練習を再開しようというときに「(生まれて)初めてインフルエンザにかかった」という。1月2日に発熱し「3日間、“死んでいました”。病み上がり第一号です」と照れ笑い。

2019年シーズンの目標については「東建(4月)まで時間があるのでそこでアジアンツアーやヨーロッパの試合に出たい。日本でしっかり成績を残すのはもちろんなんですけど、アジアンツアーの出場資格もしっかり維持したい。日本の試合がないときにアジアのシードを決めるくらいの気持ちで、まずシンガポールから頑張りたいなと思います」と意気込む。

今週は、長くコンビを組む伊能恵子キャディではなく、奈良谷圭亮キャディがバッグを担ぐ。「去年(伊能キャディの)体調があまり良くなかったこともあって、フルじゃちょっときついということで、二人で話し合った結果、じゃスポットで」となり、伊能キャディの出番は数回になる見込みだという。「また“プレミア出勤”してくると思うのでよろしくお願いします」と長年の相棒を気遣った。(シンガポール・セントーサ/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。