ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

50歳・谷口徹 前夜祭で受けたシニアプロからの洗礼

2018/05/10 20:49


◇国内メジャー◇日本プロ選手権 初日(10日)◇房総カントリークラブ 房総ゴルフ場(千葉県)◇7324yd(パー72)

50歳の谷口徹が5バーディ、1ボギーの「68」でプレーし、4アンダーの4位タイにつけた。

8日(火)に行われた今大会のプロアマ戦は、レギュラーツアーのプロとシニアツアーのプロ2選手が同組になってゲスト2人をもてなした。日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長とラウンドした谷口は「飛ぶんですよ、先輩。飛距離で負けたら、言われそうなんでプレッシャーもあったけど」。

今年2月に誕生日を迎え、シニアツアー参戦の権利を得た。最前列に座ったプロアマ前夜祭では、シニア選手たちが登壇すると“いじられた”。「先輩たちがお前も上がれよ、って」。今年10月に同じく50歳になる手嶋多一は後方の席。「僕ばっかり集中砲火を浴びましたよ。僕はレギュラーツアーの方で出ているんで、と…。これがシニアツアーか、怖いなと思いました。試合の前にティグラウンドにちゃんと立てるのかってくらい」と苦笑いした。

まだまだ若い選手に交じってのレギュラーツアーへこだわりを持つ。今大会は2010年と12年に制した。この日はパーオン77.78%で全体1位だった。「天気が良くなってきたら硬くなってもっと難しくなってくると思う」。2日目以降も存在感を発揮しそうだ。(千葉県睦沢町/林洋平)

関連リンク

2018年 日本プロゴルフ選手権大会

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~