ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/18〜01/21 セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

ニューギアも相性良し ガルシアのボールナンバーは「17」

◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 初日(18日)◇セントーサゴルフクラブ (シンガポール)◇7398yd(パー71)

セルヒオ・ガルシア(スペイン)が世界トップレベルの力を見せつけた。昨年4月に「マスターズ」を制し、2年連続出場となった世界ランキング10位は石川遼、昨季のアジアンツアー賞金王ガビン・グリーン(マレーシア)との同組で「66」をマーク。5アンダーの暫定首位で滑り出した。

「前半の7ホールを終えた時点では1オーバーだったけれど、悪い感じはなかったんだ」というガルシアは、折り返しの18番(パー5)をイーグルとし、落ち着きを保ったままアウトで実力を発揮した。7番(パー5)では残り250yd超の第2打を5Wでカットボール。グリーン左サイドのマウンドを利用してピンそば4mにつけるスーパーショットで、この日4つめのバーディを決めた。

昨年秋、15年にわたって用具契約を結んできたテーラーメイド社との関係を解消し、今年1月にキャロウェイゴルフと契約。クラブ、ボールすべてをスイッチした。ウッドは発表されたばかりの「ローグ」シリーズを使用しており「1Wの調子も、ボールの感触も素晴らしい。グリーン周りでも自信を持ってプレーできている」と評価した。

新たに手にしたボール(クロムソフトX ボール)には、「17」が刻印されている。悲願のメジャー初制覇を達成し、アンジェラ・エイキンスさんと結婚した2017年。今年3月には第一子誕生を控えるなど、ゴルフのキャリアと人生の節目となった一年を祝い、さらなる飛躍を心に誓う。「きょうは修正すべきこともないよ。ゆっくり休む」と余裕を持って残り3日に挑む。(シンガポール・セントーサ/桂川洋一)

関連リンク

2018年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~