ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹 2日目は不発も「許容範囲」

2013/04/19 18:56


国内男子ツアーの開幕戦「東建ホームメイトカップ」は初日の穏やかな天候から一夜明けた2日目は、朝から強風がコース内を駆け巡った。多くの選手がスコアを崩し、注目のルーキー松山英樹もその風に翻弄される1日となった。

スタートの1番はフォローの風にも乗ってドライバーで推定360ヤード先のフェアウェイをとらえるがバーディを奪えず、2番では左に曲げてアプローチとパッティングでパーセーブに成功した。しかし、続く3番パー3でボギーを先行、11番でもボギーをたたき序々に順位を下げていく。

終盤まで2つのボギーで耐えていたが、16番パー3でグリーン奥からのアプローチを寄せきれずのボギーをたたくと、17番パー5はティショットを右サイドに曲げるトラブル。ティグラウンドからはボールの行方がわからず「バンカーかなと思いました」という松山の期待は外れ、バンカーの右サイドに広がる池に吸い込まれていた。

スコアが伸ばせる確率もあった17番で4つ目のボギーをたたき初日の貯金は全て使い果たしてしまった。通算イーブンパーは10位タイ。「同組の2人が耐えていたのに、自分だけズルズル落ちてしまった。この風はショットもパットも打てていないので倍以上に難しく感じました」と悔しさを募らせる。

それでも「まずは予選を通過できて良かった。まだ、トップとは4打差なので許容範囲だと思うので、この後練習する前に何を修正したら良いかを考えたい」と、首位とのスコア差を1つでも埋めるべく、残り2日間の決勝ラウンドで巻き返しを図る。(三重県桑名市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。