ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

11月の国内男子ツアー3試合の賞金減額 2億円→1億5000万円

2021/10/25 15:33

日本ゴルフツアー機構(JGTO)は25日、来月行われる「三井住友VISA太平洋マスターズ」(静岡・太平洋クラブ御殿場コース)、「ダンロップフェニックストーナメント」(宮崎・フェニックスカントリークラブ)、「カシオワールドオープン」(高知・Kochi黒潮カントリークラブ)の3試合について、いずれも賞金総額を2億円から1億5000万円に減額すると発表した。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対策費用の増大、ギャラリーの入場者数制限に伴うチケット収入の減少などが見込まれることが理由。3試合とも、1日5000人の制限を設けて有観客で開催することを発表している。

2021年の国内男子ツアーは5月「中日クラウンズ」が1億2000万円から1億円、7月「日本プロゴルフ選手権」が総額1億5000万円から1億円と当初発表から賞金総額を減額して開催している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!