ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

「月並みですけど…」石川遼が向き合う敵 2年ぶり単独首位で最終日

2021/09/04 19:00


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 3日目(4日)◇富士桜CC(山梨)◇7566yd(パー71)

視界を遮る深い霧、降りしきる冷たい雨。気温は10℃台半ばに落ち込んでも、石川遼はレインウェアを着なかった。「スイングの感覚が変わるからなるべく着たくない。でも、ポロシャツ自体に速乾性もあるんで(大丈夫)。……宣伝してるわけじゃないけど!」。リーダーボードのトップを長く陣取っても、目の前の一打に必死だった。

<< 下に続く >>

3人が並んだ首位からは前半のうちに抜け出した。右ラフからの第3打をピンそば1mにつけた3番(パー5)から3連続バーディ。ティショットの安定感が下支えになり、9番終了時点で単独トップに立って「68」でまとめた。

「ゴルフってすごくおもしろくて」。通算8アンダー、2019年の「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」以来、約2年ぶりに単独トップで54ホールを終えながら、浮ついた様子がない。「3日間、自分のゴルフには大差がない、ゲームプランに当て込んでいる“だけ”で。一喜一憂できない」

残り166ydの2打目を8Iでピンそば1mにつけた難関5番も、1Wショットについて「(もっと)キツめのドローを打てれば理想的だった」とこぼした。後半唯一のバーディとなった14番は、ピンのはるか手前10mからバーディパットが決まったもの。「2打目でセミラフからフライヤーしたら、奥から寄らない。冷静にジャッジしたら(3打目が)ラッキーで入ってくれた」と淡々と振り返った。

キャリアでも一番といえるスイング改造に着手してから約1年半。2019年12月「日本シリーズJTカップ」以来のツアー通算18勝目がかかる。不満を挙げればきりがないが、この3日間のパーオン率74.07%(40/54)、パーキープ率92.59%(50/54)はいずれもトップで、ショットの充実は数字からもうかがえる。

2連覇した2010年以来、大会3勝目も射程圏。「楽しみにしています。まだ18ホールもあるので。戦況はめまぐるしく変わる。最後に優勝を争っているなかの1人いられればきっと良い経験にもなる」と、富士桜CCで派手な勝負を演じてきた10年以上前とは考え方も変わった。

「相手は特別、誰というのはなくて。月並みですけど、自分自身との闘い。もし勝ったら…みたいな話はしたくないですね」と腰に手をやった。(山梨県河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!