ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

7月「日本プロ」賞金5000万円減額 「全米オープン」から帰国参戦の可否は

日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘会長は14日、定例理事会後の会見で7月の国内メジャー「日本プロゴルフ選手権」(栃木・日光CC)について賞金を5000万円減額して総額1億円(優勝2000万円)で開催すると発表した。

大会はイベント開催の上限となっている1日5000人までのギャラリー入場を認める方向。「券売の権利は日光(コース)に渡しているが、(緊急事態宣言中で)券売もままならない。(昨年の延期によって)2年間収入がない中、賞金に手をつけざるを得ない苦しい台所事情だということ」と説明した。

<< 下に続く >>

また前回2019年大会を制した石川遼をはじめ、星野陸也浅地洋佑といった17日開幕の「全米オープン」を戦う国内ツアー組の参戦についても言及した。7月1日の「日本プロ」開幕が米国から帰国後2週間の自主隔離期間に重なるため、出場は難しい状況。「JGA、JGTOを含めた3者でスポーツ庁、外務省を含め、関係団体に(例外規定の)アスリートトラックを使えないかといった話をしてきたが、難しいとのことだった。非常に残念ではあるが、世界に羽ばたく選手を喜んで送り出す」と話した。

「全米オープン」を終えると、正式に東京五輪の男子日本代表が決定。倉本会長は「確定はしていないが、スポーツ庁、JOCと話している段階」と補足し、代表入りした選手についてのみアスリートトラックの適用を受けて「日本プロ」に出場できる可能性も残されているとした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本プロゴルフ選手権大会




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!