ニュース

国内男子アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

「急いでください」から3連続バーディ 時松隆光はペナルティも回避

2021/05/15 18:50


◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ 3日目(15日)◇相模原ゴルフクラブ 東コース(神奈川県)◇7298yd(パー72)

後半15番、時松隆光の組に競技委員から“警告”が入った。「ちょっと急いでください」。パー3の14番でも間隔が空いていると感じた前の組は、すでに16番のグリーン付近でプレーしていた。

<< 下に続く >>

強風が吹き、難度が上がったコースと対峙(たいじ)すれば考えることは多くなる。さらに「ご存知と思いますけど、僕の(バックスイングをゆったり上げる)スイングは人より遅いので、急がないといけない気持ちでいつもやってるんですけど…」と恐縮しきり。上位にいる同伴競技者にも迷惑をかけられないと、そこからは必死だった。

「走って打つ、走って打つというのを無心でやりました。もう(帯同キャディに)距離聞いて、すぐ打つ、みたいな」。飛距離が出るタイプではないから、セカンドオナーも多くなる。「僕より(走って距離を調べなくてはいけない)キャディさんがきつかったと思う。申し訳ない」

結果的には会心の上がり3連続バーディ。16番は花道からチップイン、17番(パー3)も1.5mに絡め、18番(パー5)はフォローの風に乗せて2オン2パットで獲った。「風が吹いていたら、僕でもいろいろ考えることは考えているので。前に追いつく一心で考えすぎないことがバーディにつながったのかな。競技委員さんに感謝したい」。反省とお礼、二重の意味で再び頭を下げた。

「69」で通算8アンダー、首位と2打差2位につけた。2018年「関西オープン」以来となるツアー4勝目、選手会長就任後初のタイトルもかかる。「池田会長、宮里会長、石川会長と(直近の)選手会長が(任期中に)優勝されている。僕も続かないと」と責任感をにじませた。(神奈川県相模原市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!