ニュース

国内男子アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は「現実」受け止め 今季最高の2打差スタート

2021/05/13 18:33


◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ 初日(13日)◇相模原ゴルフクラブ 東コース(神奈川県)◇7298yd(パー72)

石川遼が2アンダー11位ながら首位と2打差につけ、2020―21年シーズンでは“最高”の滑り出しを見せた。

<< 下に続く >>

3バーディ、1ボギーの「70」という上々のスコアには釣り合わない、フェアウェイキープ率42.86%(部門別56位タイ)、パーオン率38.89%(同89位タイ)のスタッツ。「フェアウェイキープもパーオンもしていないですけど、その2つの数字の悪さの中では、そんなにストレスはなかったかな。シンプルなアプローチを残して、そこから拾い続けてという展開。すごく難しいアプローチは残っていなかった」と疲労感は薄かった。

1Wを使わなかったが、いきなり右の林に入った出だし10番。花道まで低く出し、難なくパーを拾ったスタートが一日を象徴していた。ホールごとに一様な狭さのフェアウェイと、好調とは言えない自らのショットの状態。ある程度ラフにも入れてしまう現実を受け止め、素早くディフェンスに徹した。右奥にこぼれた14番(パー3)を寄せワンでしのぎ、左ラフから花道に置いた15番はあと少しでチップインというパー。

「アプローチに頼って頼って、という感じになってしまった」と素直に振り返りつつ、「自分の望む、理想的なゴルフではなかったですけど、ショットが良くないときのためにアプローチがある」とも言った。

3つのバーディはいずれもパー5。あえてティショットで1Wを握らずにフェアウェイを捉え、3打目を6mほどにつけた18番を含め、ロングホール攻略は及第点。「パー4でチャンスを全く作れなかった。ティショットがあまりうまくいかなかったので、(パー4の)攻め方がうまくいかなかった。そこは修正したい」。ラウンド後は再び理想の追求に思考を切り替えた。(神奈川県相模原市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!