ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

松山に次ぐプロ最速Vへ 金谷拓実が1打差3位

2020/11/21 17:46


◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 3日目(21日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7042yd(パー71)

終盤2ホールで首位との差は4打から1打に縮まった。ムービングデーの大会3日目、金谷拓実は荒れ気味のティショットに苦戦しながらも、4バーディ、1ボギーの3アンダー「68」にまとめて通算11アンダーの単独3位。通算12アンダーで首位に立つ石坂友宏大槻智春との差はわずかに1打でツアー2勝目&プロ初優勝を視界に捉えた。

<< 下に続く >>

前日とは逆の北東の風が吹いた3日目。金谷は「粘り強いプレーができた」とうなずいた。前半9ホールでティショットがフェアウェイをとらえたのは2回だけ。軽い右ドッグレッグの8番では、3Wショットを左の林に打ち込んだが、そこから7Iで前方の松の木をかわす低いフックボールでグリーン手前のバンカーまで運びパーセーブ。3日間で11分の9という高いサンドセーブ率でピンチを切り抜けていった。

ボギーはスタートホールの1番だけ。「ティショットの調子が良くなくて、でもそこからボギー1つにまとめられたのは良かった」と持てる武器をフル活用して戦っている。17番(パー3)で石坂がダブルボギーをたたき、金谷が最終18番でガードバンカーから60㎝に寄せてバーディ締め。我慢が最後に報われた。

最終日の意気込みを聞かれれば、躊躇なく「自分らしいプレーをしてどんどんスコアを伸ばして、優勝を目指してやっていきたい」と言い切れる。プロ転向後3戦目での優勝となれば、松山英樹に次いで日本人2番目の最速優勝記録となる。

だからこそ、日没が迫る中で話している時間も惜しい。「ショットの手応えはあまりなかったので、できれば早く練習に行きたいです」と苦笑いで訴えて、足早に練習場へと向かっていった。(宮崎市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!