ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

ツアー史上初のトップ5にアマ3人 無観客に違和感なし

◇国内男子◇日本オープンゴルフ選手権競技 2日目(16日)◇紫CCすみれコース(千葉)◇7317yd(パー70)

日本一の称号が懸かる歴史ある大会で、初日に続き2日目もアマチュア旋風はとどまるところを知らなかった。2位までの5人に3人が名を連ねた。単独首位に立ったのは通算5アンダーの河本力(日体大3年)。1打差の2位に杉原大河(東北福祉大3年)と桂川有人(日大4年)。アマチュア3人が各日でトップ5に入るのは日本ゴルフツアー機構(JGTO)が発足した1999年以降では史上初だ。

<< 下に続く >>

有料入場制度が取り入れられた1972年大会以降、無観客で行われたのは今大会が初めて。ギャラリー不在の閑散とした風景を、プロとアマチュアでは受け止め方が違うようで、谷口徹は初日に「アドレナリンが出ない」とつぶやいて見せる一方で、プロの試合経験もある桂川は「アマチュアの試合はいつもいない。同じ感じ」と冷静だった。

トップの河本は「今日はゴルフ場に着いたときから、風がちょっと吹いていたけど天気が良くて後輩のキャディと話しながら『今日も3アンダーを目標に頑張ろう』と話した。初日と何も変化なくプレーできた」と、観客というプレッシャーのない環境で自然体を貫いた。

「日本オープンに縁がないと思っていた」杉原は予選会を通過して今大会初出場。「スコアも80、90行ってしまうんじゃないかと思っていたが、フェアウエイキープができた」と満足気。徳島出身で愛媛出身の河本とは同じ四国でジュニア時代から切磋琢磨してきた。桂川は「リーダーボードを見て、同じアマチュアが上に来ていたので負けないようにという気持ちがあった」と話した。

プロには違和感がある無観客と強いライバル心がもたらしているともいえるアマ旋風。2位につける今平周吾は上位のアマチュアに「いずれプロを目指しているわけだし、そこまで驚かない」と淡々。それでも「プロの意地を」と、その存在が刺激を与える決勝ラウンドとなりそうだ。(千葉県野田市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!