ニュース

国内男子ゴルフパートナー エキシビショントーナメント(非公式)の最新ゴルフニュースをお届け

手押しか担ぎか トッププロのセルフプレーは90対6

◇国内男子◇ゴルフパートナーエキシビショントーナメント 初日(9日)◇取手国際GC(茨城県)◇6766yd(パー70)

新型コロナウイルス感染拡大の影響でキャディなしのセルフプレーとなった今大会では、選手によって担ぎか電動アシストカートを選ぶことができる。

<< 下に続く >>

結果は電動アシストカート90人に対し、担ぎは6人。初日は石川遼宮本勝昌佐藤大平竹安俊也小野田享也伊藤有志が自らバッグを担いで回った。

5月末に松山英樹とともに担ぎでプライベートラウンドを回っていた石川。「プロになってから、地区オープンも含めて試合で帯同キャディがいないのは初めて。すごく大きなことなんだと実感した」と相棒の存在の大きさを実感した。担ぎのスタイルは「ジュニアのときもやっていたので、ルーティン的に慣れている」。疲れた様子も見せずに悪天候の18ホールを終えた。

若手時代からアジアンツアーをはじめ積極的に海外を転戦してきた市原弘大もセルフプレーに涼しい表情。「もともと、僕は何でも自分でやるタイプ。昔、欧州ツアーのQTに行ったときも、練習ラウンドも入れて 6 日間、手引きカートのセルフでやりました。海外の試合で担いでやったこともあるので」と振り返ったように、1イーグル5バーディの「63」をマークした。

手慣れた様子で電動アシストカートを操っていたのは池田勇太。開幕前日には「こういうときだからこそ、いつもと違う“画”を見せたいよね。アマチュアの中にはプロはキャディがいないとゴルフができないと考えている人もいるかもしれないから、僕らがセルフでプレーするところを見せることは非常にいいことだと思う。これがゴルフの原点だと思っているので、僕らのプレーを見て賛同してくれればうれしい」と意義を強調していた。

他の選手と違って池田のカートにばっちり名前が入っているのは、ツアー競技でもハウスキャディを起用することがあり、今回も自前で用意しているから。テクノロジーの進化にも敏感に反応し、これが3台目の購入だという。(茨城県つくばみらい市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ゴルフパートナー エキシビショントーナメント(非公式)




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!