ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

国内男子は半年ぶり“試合”へPCR検査 選手会長・時松「熱い戦いを」

2020/07/06 17:54

◇国内男子◇ゴルフパートナーエキシビショントーナメント 事前(6日)◇取手国際GC(茨城県)◇6766yd(パー70)

9日(木)から賞金ランキング加算対象外の非公式大会として開催される「ゴルフパートナーエキシビショントーナメント」に向け、ウェイティング3人を含む出場選手99人と大会関係者175人の合計274人が6日(月)、PCR検査を受けた。

<< 下に続く >>

陰性の通知まで大会会場への立ち入りは禁止されている。コース駐車場に設けられたエリアで検査を受けた2年連続賞金王の今平周吾は「もっと時間がかかるものだと思っていましたけど、意外と簡単ですね」とコメント。自粛期間中にもPCR検査を受けていたという池田勇太は「私も含めて、みんなが陰性であればいいなと思います」と無事にトーナメントが開催されることを願った。

新型コロナウイルス感染拡大を受け、国内男子ツアーは1月「SMBCシンガポールオープン」を最後にツアー競技開催を見合わせてきた。今大会はキャディなしのセルフプレー(担ぎか1人1台の電動アシストカートを選択)、選手の家族やマネジャー、トレーナー、メーカー担当者らの入場も認めないなど感染予防を徹底して2日間競技(36ホール)で行われる。

今季から選手会長を務める時松隆光は「選手会長として何もできずにここまできてしまったことは申し訳なく思います」とした上で、「感染リスクなど難しい決断だった中、大会を開催してもらえることに選手を代表して感謝を申し上げたいです。先月女子が開幕しましたけど、無観客ながらも熱い戦いをしていたのを見て、男子も熱い戦いをしていけたらなと思います。今週はインターネット中継を通じて男子ツアーの魅力を伝えられたらなと思います」と意気込みを語った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!