ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

敗れたノリスは金谷拓実を称賛 今平周吾には賞金レースで宣戦布告

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 最終目(17日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262 yd(パー70)

壮絶なマッチレースの末に敗れたショーン・ノリス(南アフリカ)は、アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)を称賛した。「自分の4日間に対しては、怒ることも、悔やむこともない。彼が自分よりいいゴルフをした結果が、今日のこの結果。おめでとうと言いたい」と祝福した。

ともに最終組で回り、前半で一度は逆転。ティエリアが前に出て1オン可能となっていた後半15番(パー4)では1Wでグリーン右の林に突っ込むも、強烈な打ち上げのアプローチをしっかり寄せてバーディ。16番でも金谷が10mのバーディパットを沈めた直後、ほぼ同じラインからロングパットをねじ込み、拳を振り上げた。

17番(パー3)のボギーで並ばれ、18番(パー5)はフェアウェイからの2打目を奥にこぼし、パターできっちり寄せてバーディ。それでも金谷にイーグルを決められ万事休す。6バーディ、1ボギーの「65」を出しながら1打及ばず「カナヤさんのプレーは素晴らしかった。彼にも何回かミスショットが見られたが、いつでもカムバックして焦らずプレーをしていた。それで最後は、あの素晴らしいイーグル。何も文句は言えない一日だった」と潔かった。

アマチュアの金谷が優勝したことで、2位の通常の賞金2000万円ではなく4000万円を獲得した。「うれしいボーナス。ただ、選手はみんな勝ちたいと思って戦っている。自分でも十分なプレーができたと思ったが、結果的には十分ではなかった。来週からも戦いが続くので、そこでリベンジしていきたい」と控えめに喜びつつ、賞金ランキング2位(1億1997万56円)に浮上した。トップの今平周吾に約720万円差まで迫ったことを問われると言葉は一気に熱を帯びた。

「昨シーズンの今ごろも同じポジションにいた。今言えることは、一つだけ。『今平選手、今年はあなたを捉える。二番でいるのはここまでだ』」。2年連続賞金王阻止へ、メッセージを送った。(静岡県御殿場市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。