ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

永久シード獲得の地で 片山晋呉の短尺(?)ドライバー

2019/10/16 18:19


◇国内男子メジャー第3戦◇日本オープンゴルフ選手権競技 事前(16日)◇古賀ゴルフ・クラブ(福岡)◇6817yd(パー71)

古賀ゴルフ・クラブで前回開催された「日本オープン」。2008年大会の主役は片山晋呉だった。深いラフでフェアウェイを絞られたコースを、一度も1Wを使うことなく攻略。2位の石川遼に4打差をつける通算1アンダーで節目のツアー25勝目(通算31勝)、永久シード権を獲得した。

11年前の優勝で手にしていた「本大会の過去10年間の優勝者」の出場資格は昨年効力を失った。主催の日本ゴルフ協会(JGA)はことし、「特別承認者」の出場権を付与。46歳は満を持してナショナルオープンに帰ってきた。

前回、古賀でキャディバッグから抜いた1Wを今大会は「入れます」と宣言した。秘策は普段よりもシャフト長を短くした44.75インチのモデル。飛距離を少しでも伸ばそうと、46インチ前後の長尺を愛用してきた片山にとっては「めっちゃ短い」といえる。「44インチ台のドライバーは大学生以来か、プロになったとき以来じゃないかな。他の人にとっては普通だけど、僕にとっては本当に短い。だからビックリするくらい曲がらない」

傾斜が奥に下る面も多いグリーンは、正確なショットと適切な判断力が問われる。早くも白旗を上げそうな経験の浅い選手をしり目に、「これが古賀だから。今回よりも前回、前回よりも前々回(1997年の日本オープン)の古賀はもっと大変だったんだよ」と淡々。「勝っても窒息するような戦い。痛めつけられるのは分かっている。楽しみ」と静かに姿勢を正した。(福岡県古賀市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。