ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

「ZX」のノウハウ採用 新「ゼクシオ プライム」2月20日発売

住友ゴム工業(本社・神戸市中央区)は21日、高級感のあるデザインと長尺軽量設計が特徴の「ゼクシオ プライム」シリーズの最新モデルを、2月20日に発売することを発表した。

「ゼクシオ プライム」は、2001年から続く人気シリーズで、メインターゲットはヘッドスピード35m/s前後のゴルファー。アウトサイドイン傾向の強いスライサーでも、スイングを変えず、強く、高く、美しい弾道を実現するモデルとして、主に熟年層から支持を得てきた。

<< 下に続く >>

最新の21年モデルは反発性能を高めるため、2つのテクノロジーを搭載。ひとつは昨年発売のZXシリーズ「スリクソン ZX5 ドライバー」「スリクソン ZX7 ドライバー」で初採用された「リバウンドフレーム」で、フェースとボディの4層構造を剛性の高いエリアと低いエリアを交互に配置することで、ヘッド全体のたわみを拡大する。

もうひとつは、フェース中央と周辺部の肉厚の差を小さくした「フラットカップフェース」。通常はボディとの接合の関係上、芯から離れるほど薄型にしなくていけないが、周辺部を厚く保ち、限りなくフェース全体をフラットに近づけることで、ミスヒット時でも反発力が落ちないようになっているという。

ヘッド体積は460cc。ロフト角は10.5度、11.5度。純正シャフトは「ゼクシオ プライム SP-1100」で、硬さはSR、R、R2。価格は11万5000円+税。問い合わせは、ダンロップスポーツマーケティング カスタマーサービス部 0120-65-3045まで。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!