ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ザ・ホンダクラシック
期間:02/28〜03/03 PGAナショナル(チャンピオン)(フロリダ州)

池に消えたボールは1310個 帝王のいたずら心が生んだベア・トラップ

◇米国男子◇ザ・ホンダクラシック 事前(26日)◇PGAナショナル (フロリダ州)◇7125yd(パー70)

PGAナショナルのコース終盤・15番~17番の連続3ホールは“ベア・トラップ”と呼ばれる。ティからグリーンにかけて右側に池がある難関だ。

呼称の由来は、コース改修に関わったジャック・ニクラスの愛称であるゴールデンベア。グリーン左奥にバンカーがあり、昨季ツアーの全ホールを通じて9番目の難度になった15番(パー3/179yd)のティイングエリア付近には熊の銅像が立つ。

横にある石碑には「YOU ARE NOW ENTRYING“THE BEAR TRAP”」 (ベア・トラップに入りました)と記されている。右ドッグレッグの16番(パー4/436yd)は2打目で池やグリーン手前のバンカーを越えれば、複雑な傾斜が3パットを誘う。大会コースになった2007年以降、3パット以上は18ホールで飛びぬけて多い231回を数える。

最難関は17番(パー3/175yd)。昨季ツアーで3番目の難度のスタジアムホールは、横長のグリーン左奥に配置されたバンカーが効果的だ。ここでは、観客の声援とため息が大きく入り混じる。

ツアーによると、12年間で計511人が出場し、78%に当たる397人がこの3ホールで一度は池ポチャを味わった。これまでに計1310個のボールが池に消えたという。内訳は15番で627個、16番で261個、17番で422個となっている。昨年は17番の74個が最多だった。2007年以降の記録では、この3ホールの平均スコアはパーに対して「+0.671」。連続する3ホールとしては、ツアーで3番目の難度になる。

ニクラスは米ゴルフダイジェストの取材に「15番は改修前、簡単なホールだった。池を生かすようにしたのは、ちょっとしたいたずらのつもりだった。でも、モンスターに変貌した」と答えたことがある。さらに「この3ホールの距離は、まったく長くない。攻略するには精度と度胸が必要だ」とも述べている。

コースには、不規則な風が吹く。帝王のスパイスが詰まった3ホール、今年もここが勝負の行方を左右する。(フロリダ州パームビーチガーデンズ/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

林洋平(はやしようへい) プロフィール

1991年、横浜市生まれ、A型。大学卒業後の2015年にGDO入社。チーム内では最年少。トーナメント取材に行くが、自身のプレーは勉強中。当面の目標はドライバーをスライスさせないこと。大のビール党で、出張先の名物で晩酌するのが、ささやかな楽しみ。

関連リンク

2019年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。