ニュース

国内女子リゾートトラストレディスの最新ゴルフニュースをお届け

石井忍プロ「僕は甲田良美の友達以上○○未満!」

国内女子ツアー「リゾートトラストレディス」で、昨年プロテストに合格した甲田良美が、通算14アンダーで初優勝を果たした。その甲田を3日間、支えてきたのは、男子プロゴルファーの石井忍だった。

昨年の後半に石井と知り合った甲田から「時間があればスイングを見てほしい」と相談を受けた石井は、自身もツアー出場を目指しているが、昨年のクオリファイが上手くいかなかったこともあり引き受けた。

そして、スイングを見るうちに「できればバッグも担いでください」と頼まれたという。今季に入り「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」で初めてタッグを組んだが、この時は1打及ばず予選落ちに終わった。

そして今回の2度目。「なんか、最後はしびれちゃいましたよ。自分でプレーする方が全然、気が楽ですね。やっぱ優勝っていいですね」とニコニコ顔でクラブハウスに戻ってきた。

試合の終盤に2度の連続バーディでスコアを伸ばした甲田だが、石井から「ボードは見るなよ!」と何度も言われた。ところが、当の石井が最終18番のグリーン上でボードを見てしまった。「ありゃ、2パットで勝てちゃうジャンって思っちゃったんですよ。でも本人には言えないし、上からだったから打ちすぎるなよという意味で、“タッチだけ、タッチだけな”ってしつこいぐらい言いましたね。そしたら、なんか入りそうな気がするなんて言うんですよ。本当に入っちゃって、びっくりですよね」。ウイニングパットでの2人のやり取りを石井流に臨場感たっぷりに教えてくれた。

試合中もことあるごとに会話を交わし、甲田が笑顔で答えるシーンが何度も見られたため、“ちなみに2人の関係は?”と質問すると、「そうですね、友達じゃないですよ。教える側と教えられる側ですから友達以上ですね。でもちゃんとしたコーチでもないから、微妙な存在かな」と、プライベートでの付き合いはないと言う。

今後の予定は、2週間後に開催される「ニチレイレディス」で再びタッグを組む予定だ。「袖ヶ浦は僕の所属コースですからね。楽しみにしていてください」という石井。コースを知り尽くした石井が付いているならば、早くも甲田のツアー2勝目となるだろうか。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 リゾートトラストレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。