ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

沖縄から全国へ 宮里美香が届ける感謝のメッセージ

2020/08/14 18:06


◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日(14日)◇軽井沢72ゴルフ北コース(長野県)◇6710yd(パー72)

5月に始めた医療従事者にお弁当を届ける「みかんプロジェクト」は、1カ月以上に及んだ活動を6月25日に終了した。宮里美香は「県内だけじゃなく、全国のテレビや新聞も取り上げてくれて、びっくりするくらい反響が大きかった」とその反応に驚いていた。

<< 下に続く >>

新型コロナウイルスの感染拡大で自粛を求められている間、宮里は多くの時間を地元・沖縄で過ごしていた。自身のキャリアを振り返れば、プロ転向してすぐ米ツアーに挑戦し、海外で9年間を戦い抜いた。帰国してからも国内を転戦する日々。これだけ、沖縄で長い期間を過ごしたのは、高校生のとき以来だ。

13日、沖縄は県独自の緊急事態宣言を2週間延長する方針を発表した。観光客が減り、沖縄経済の見通しは決して明るいものではないが、それでも周囲を見渡せば懸命に日々頑張っている仲間たちがいる。宮里は、そんな人々への応援と感謝を伝えるために、「みかんプロジェクト第2弾」として1本の動画を制作した。プロジェクトには、サッカーのJリーグFC琉球で活躍する小野伸二選手も賛同して出演を快諾。撮影や編集は、地元の知人らに依頼した。

14歳8カ月の史上最年少で「日本女子アマ」を制し、23歳で「日本女子オープン」史上最年少での複数回優勝を果たすなど、若い頃から第一線で活躍してきた宮里ももう30歳。「なぜゴルフを続けるのか?」という問いに、少しずつ新たな意味を見出せるようになってきた。

「ゴルフを通して、何かしら恩返しができたらいい」。社会的影響力のあるプロゴルファーとして、世の中にポジティブなメッセージを伝えていく。自身のプレーでその気持ちを表現する。これから世に出ていこうとする若手選手たちとはまた少し違ったモチベーションが、宮里の原動力になっている。

動画を通じて、「こんな時だからこそ、『誰かのせい』ではなく、『誰のために』や『誰かのおかげ』という気持ちを持って、皆で力を合わせてこのウイルスに立ち向かっていきたい」と訴える。

View this post on Instagram

*** . 🍊みかんプロジェクト第二弾🍊 . 皆様にご報告です。 新型コロナウイルスが世界的に流行りだして、沖縄だけではなく、日本全土で大変な猛威を振るっています。 緊急事態宣言や自粛要請が発令され、今までとは違った生活様式を求められているなかで、多くの事業者や個人の生活に多大な損害を出し、多くの方々が不安を抱えながら日々過ごしていることと思います。 こんな時だからこそ、「誰かのせい」ではなく、「誰のために」や「誰かのおかげ」という気持ちを持って、皆で力を合わせてこのウイルスに立ち向かっていきたい。私たちアスリートも同様です。来週のNEC軽井沢72ゴルフトーナメントも無観客での開催になり、以前とは全く違う状況になりましたが、「ファンの皆様の力」を再確認するキッカケになりました。 今回、「みかんプロジェクト第二弾」としてFC琉球の小野伸二選手をはじめ、県内の企業様に普段通りのお仕事風景の撮影協力いただき、株式会社レベルオキナワと協力してコロナへの思いを映像にしてみました。今回お声掛けできなかった業種もありますが、どのお仕事も社会生活を成り立たせる上では、必要不可欠なものであると思っています。 コロナで社会が変化していく中で、新しい生活様式へと少しずつ順応しながら、多くの企業や個人が、社会生活を縁の下の力持ちとして支えている様子を描写したものになっています。 暗いニュースが多い中で、少しでも皆様の明るい兆しとなりモチベーションアップ繋がればと思っています。 この先どうなるかわかりませんが、その先を決めるのは私たちの積み重ねだと思います。できることをコツコツと、皆さんと一緒に積み上げていきたい。それぞれができることを、あなたの大切な人のために、、、 そして今、コロナと対峙して立ち向かっている、沖縄県民のみならず、全国の皆様へ、僭越ながらアスリートを代表して、「ありがとう」の感謝の気持ちを伝えたい。 みんなで乗り越えましょう。 撮影協力 小野伸二様 @shinjiono7 株式会社あんしん様 株式会社オキスマ様 @okisuma_hudousan 国際通りのれん街様 JUMBO STEAKE HAN’S様 @jumbosteak_hans_official SORAOTO様 @rebelthreesoraoto ポケット保育園様 . プロデュース🎥 @totty_vlogs

A post shared by 宮里 美香 🍊Mika Miyazato (@mikamiyazato_official) on

大会初日を迎えた軽井沢。「きょうはショットもパットもイメージ通り。大満足のラウンドでした」と4バーディ、ボギーなしの4アンダー5位で滑り出した。前半4番で先にピンチが訪れたものの、3mのパーパットをねじ込んで、逆に流れを手繰り寄せた。

プロゴルファーの放つ1打は、決して単なる1ストロークにとどまらない。宮里の一打一打から、そんな気持ちをくみ取りたい。(長野県軽井沢町/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2020年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!