ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

携帯電話の明かりを頼りに 渋野日向子の強さの証し

2019/10/12 19:22


◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント◇東名CC(静岡)◇6572yd(パー72)

夕闇が迫り、カップやボールは見えにくい。携帯電話の明かりを頼りに渋野日向子はパット練習を終えた。「スタンレーレディス」開幕2日前に撮った一枚だ。出場選手全員が参加した夕方のミーティングの後、日課のパット練習の開始は遅かった。キャディと、隣で練習していた野澤真央が協力して2台の携帯電話で明かりを照らした。

3年前に始めたパットのドリルは、徐々に距離を伸ばしていく9本中、7本を入れるというもの。3本外すとリセットされ、最初からやり直しだ。これを完了した後、3本連続で入れられると終了になる。青木翔コーチは以前、ドリルの意図を「試合終盤の集中力が切れかかるとき、きちんとパットを打てるかが大事だと思うんです。ドリルでパット技術を向上させるということより、ドリルを毎日続けられることで鍛えられることがある。彼女は僕がいなくても欠かさずに続ける。それが、すごいんです」と言っていた。

用具契約を結ぶピンの担当者はこの写真を見て「(携帯の明かりを使うのは)鈴木愛プロ以来じゃないですか」と、同じピン契約2017年賞金女王の名を挙げた。

台風19号の影響で中止となった12日は、宿泊先でゲーム「どうぶつの森」をして過ごしたという。参戦1年目のツアールーキー、伸びしろたっぷりの20歳は人一倍練習し、吸収するからこそ、ドラマチックなストーリーを描き続けられる。(編集部・林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

林洋平(はやしようへい) プロフィール

1991年、横浜市生まれ、A型。大学卒業後の2015年にGDO入社。チーム内では最年少。トーナメント取材に行くが、自身のプレーは勉強中。当面の目標はドライバーをスライスさせないこと。大のビール党で、出張先の名物で晩酌するのが、ささやかな楽しみ。

関連リンク

2019年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。