ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフ科学者の「究極パター」出現 女子プロたちが試した結果は?

◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 事前(26日)◇利府GC (宮城)◇6505yd(パー72)

「僕の理論に沿った、究極のパターを作ってくれ」。ゴルフ科学者の異名を持つブライソン・デシャンボーの懇願で製作されたテーラーメイドの“逸品”が今週、国内女子ツアーの会場にひそかに持ち込まれている。

同社担当者によると、大学で物理学を専攻したデシャンボーが示した「理論」の筋立てはこうだ。

ゴルフボールにはディンプル(凹凸)がある→ディンプルのどこにヒットするかは、ゴルファー自身の技術では制御できない→パターのフェースインサートが硬いと、ボールの転がりには運の要素が大きくなる→インサートを軟らかくする→フェースがディンプルに接触する角度のばらつきによる予期しない転がりをある程度避けられる

正しいかどうかよく分からない?分からなくて大丈夫だ…と思う。何と言っても、デシャンボー自身が「やっぱり、これを使うには厳しいものがある」と出来上がったプロトタイプをすぐに返却したというのだから、屁理屈だった可能性はある。

「限界まで」(担当者)軟らかくしたパターはこうして、行き場を失う。“我が子”の行く末を案じた開発者のビル・プライス氏が「日本の女子ツアーの会場で試してみてくれないか」と発言したことで、はるばる宮城・利府までやってきたのが経緯だ。

開幕2日前、練習グリーンにいた木村彩子は興味本位で試し打ちして「フォローなのにショートしかしないです…。軟らかすぎますよ」と苦笑い。4mの距離を3球打ったが、すべて1mほどショートさせた。フェース面を触るだけでは通常のパターとの硬さの違いは分かりにくいが、手で持ったボールをフェース面に当てると「まったく違うのが分かりますよ。音が全然違う」

「(デシャンボーの)理屈は分かるけど、試合ではちょっと…です」と笑いながら、首を横に振った。

ほかに5人ほどの選手が試したが、全員ショートさせたという。担当者は「ショートパットを打ち過ぎちゃう人には良いかもしれないけど…」と提案。奇才が生み出したパターは、いつとも知れぬ出番をツアーバンの中で静かに待っている。(宮城県利府町/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

林洋平(はやしようへい) プロフィール

1991年、横浜市生まれ、A型。大学卒業後の2015年にGDO入社。チーム内では最年少。トーナメント取材に行くが、自身のプレーは勉強中。当面の目標はドライバーをスライスさせないこと。大のビール党で、出張先の名物で晩酌するのが、ささやかな楽しみ。

関連リンク

2019年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。