ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

引退ラッシュの陰で… レーサーに転身した女子プロゴルファー

2019/11/22 07:15


◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 初日(21日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7027yd(パー71)

その瞬間を知っている人は少なかった。今年、唯一出場した8月の「CAT Ladies」を予選落ちで終えた36歳の下村真由美は、それをキャリア最後のトーナメントにするつもりだった。

2003年のプロテストに合格し、05年の下部ツアーで2勝もレギュラーツアーは未勝利。賞金シードはなく、来季出場権をかけた予選会(QT)を受けるつもりもなかった。関係者や親しい人にだけひっそりとその気持ちを伝え、静かにツアーを去っていった。

今週、初めて男子ツアーでキャディをしている下村だが、その情熱は衰えてない。とはいえ、その矛先が向いているのは少し違う方向だ。「ゴルフにないスピード感にどハマリしています」と、3年前に静岡の富士スピードウェイで初観戦したカーレースに感動して、いまではレーサーとしてハンドルを握っているのだ。

昨年末にサーキットライセンスを取得して、いまではJAF(日本自動車連盟)の国内Aライセンスも保持。今年は本田技研工業が販売する軽自動車「N-ONE」によるワンメイクレース「N-ONE OWNER'S CUP」に参戦している。

最高時速130km/hで、100分の1秒を争う世界だが、「ゴルフもレースも一人で道具を使ってやるスポーツ。その点は同じかな」と意外(?)な共通点も見つけたという。「いまはレースが6、7割ですね」と、嬉しそうに大きな瞳を輝かせた。

いまでも富士屋ホテル仙石ゴルフコース(神奈川県)に所属して、ラウンドレッスンやプロアマに参加。後輩ゴルファーからの相談にも、自身の経験を踏まえてアドバイスを送っているという。

だけど、ゴルフとはまったく違う世界にも飛び込んだ。諸見里しのぶや、大江香織らが2019年シーズンをもって一線から退くことを表明したが、女子プロゴルファーの華麗なる転身は、今後の新たなトレンドとなるだろうか。(宮崎県宮崎市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2019年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。