ニュース

欧州男子ヨハネスブルグオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ヨハネスブルグオープン
期間:11/19〜11/22 場所:ランドパークGC (南アフリカ)

南ア版デシャンボー? 20歳ニエナベールの1Wショットをもう見たか

◇欧州男子◇ヨハネスブルグオープン 最終日(22日)◇ランドパークGC (南アフリカ)◇7506yd(パー71)

欧州ツアーで熱視線を受ける20歳がいる。大会を2位で終えた南アフリカのウィルコ・ニエナベールはルーキーイヤーにパワーで他を圧倒。目下、PGAツアーを飛距離で席巻するブライソン・デシャンボーを彷彿(ほうふつ)させるロングヒッターだ。

<< 下に続く >>

周囲をあっと言わせたのが「63」をマークした大会初日、4番(パー5)の1Wショット。力強いスイング、整ったフィニッシュから放たれた弾道は348yd先のバンカーをキャリーで軽々と越え、フェアウェイを勢いよく転がってからラフで止まり439ydを記録した。天気にも恵まれた第1ラウンドのティショットの平均は416.5ydだった。

2000年4月生まれ。表情にはまだ、あどけなさが残る。昨年の「南アフリカアマチュア選手権」を制して19歳でプロ転向し、欧州ツアーの予選会で今季の出場権を得た。

今季の平均飛距離は53ラウンドで339.02yd。2位のディーン・バーメスター(南アフリカ)に10.29ydの差をつけて断トツのデシャンボーはPGAツアーの新シーズンが9月に開幕したため計測機会が少ないが、優勝した「全米オープン」を含む12ラウンドで337.8yd、2位のテイラー・ペンドリス(カナダ)とは5.9yd差だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ヨハネスブルグオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!