ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

最もウザいゴルフの決まり文句は?

これはブライソン・デシャンボートミー・フリートウッドマシュー・フィッツパトリックといったヨーロピアンツアーの選手たちが語った、最もうっとうしいゴルフの決まり文句や癖である。

いつでも心をとどめておく

ブライソン・デシャンボー「この、いつでも心をとどめておく、というのは使い古しの決まり文句みたいなものなんだ。どっちみち、やらなければならないことだしね。これについては、説明するのが難しい。というのも、僕は試合でプレーするときは、集中しきっているので、何があろうと、常に心を大事な瞬間にとどめておいてきたから。これが苦手な人には良い言葉だとは思うよ。なかにはこれで苦しんでいる人もいると思うけれど、僕はいつだって大事な瞬間で集中できていた。そんなこと言われなくても、すでにベストを尽くしてやっているさ、みたいな感じかな」

トミー・フリートウッド「(決まり文句は)気にならないよ。まあ、1打ずつ打つしかないわけだから、僕は良いと思うよ。それ以外何ができるのか僕には分からないな。決まり文句というのは、僕らができる全てのことだから。僕は単にハッピーな男で、世界が好きなんだ」

1打1打に集中

アンディ・サリバン「1打1打に集中というのは、とてもイラつく言葉だね。特に、自分で十分やるべきことが分かっているのに、誰かから“1打1打に集中だ”と言われるとね。それ以外何ができるっていうんだい?一度に2打を打てるわけじゃないのだから、他にしようがないよね」

僕ら

エディ・ペパレル 「うっとうしいなあと思うのは、選手が良いショットを打ったり、良いラウンドをしたりしたときに“僕ら”という言葉を使うときだね。何だか、誰もが選手の手柄だと承知していながら、選手とキャディがチームとして良い仕事をしたとわざわざ言っているように思えるし、この言葉はうまくいかなかったときのみ使われるべきなんだ。だから僕は、この“僕ら”という言葉は、本来使うべきでない場合において使われていると思っている」

このパットを入れようぜ

シェーン・ローリー「キャディに“このパットを入れようぜ”と言われると、僕は振り返って、僕は今何をしようとしているのかな?と言うんだ。僕が外そうとしているとでも思うのかい?ふざけているよ。(キャディの)ボーには言ってあるから、彼はそれが禁句だと知っているんだ」

早過ぎる“ナイスショット”

ベルント・ヴィースベルガー「良いティショット、あるいは良いドライブを打つと、ボールがまだ空中にあるのに“ナイスショット”って言われるけど、フェアウェイを通り越して、バンカーやラフに入っちゃうことってあるよね」

リーダーボードは見ない

マシュー・フィッツパトリック「優勝争いをしている、あるいは首位の選手が“リーダーボードは見ない”と言うことがあるけれど、あれは僕がこれまでで聞いた一番の大嘘だね。見逃しようがないのだから。(縦横)6m x 9mの大きさがあるから、見逃せないんだ。だから、あれにはイラつくね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。