ニュース

米国シニアジ・アレイチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ジ・アレイチャレンジ
期間:07/31〜08/02 場所:ワーウィックヒルズG&CC(ミシガン州)

“ツアー通算33勝” フューリック、ウィア、KJがシニアデビュー

◇米国シニア◇ジ・アレイチャレンジ 初日(31日)◇ワーウィックヒルズG&CC(ミシガン州)◇7141yd(パー72)

同い年の彼らが一緒にプレーする姿は必ずしも珍しくはないが、周囲は様変わりした。5月に50歳になったジム・フューリックマイク・ウィア(カナダ)、チェ・キョンジュ(韓国)がシニアツアー(PGAツアーチャンピオンズ)に初出場。新型コロナウイルス感染拡大の影響による約5カ月ぶりのシーズン再開戦で一緒にスタートを切った。

<< 下に続く >>

「妻に言ったんだ。シーズンの始まりはいつも学校の始業式の日みたいだって。興奮もするし緊張もする」とフィーリック。PGAツアー(レギュラーツアー)ではシーズン再開後すでに5試合に出場し、体が温まった状態でキャリアの節目を迎えた。会場のワーウィックヒルズではかつて開催されていた「ビュイックオープン」の2003年大会で優勝。「PGAツアーでおっさん“いじり”されるんじゃなくて、ここで子ども扱いされるのも楽しいね」

当地はウィアにとっても思い出の場所でもある。90年代後半の若かりし頃、ツアー定着を目指して月曜予選会に挑戦した。先輩プロに自ら教えを請うた時代から20数年が経ち、再び同じような立場に。「ウォーミングアップや練習でボールを打ち始めた直後は年を感じるけど、スイングが一度流れに乗ったらいい感じだよ。確かに20代、30代のころに比べれば、アップに時間がかかるようになった。でも感じはいいし、試合もこれからたくさんある」と、みずみずしい。

2003年に「マスターズ」を制したウィア、同じく「全米オープン」で勝ったフューリック(ちなみに誕生日はふたりとも5月12日)。2人のメジャーチャンピオンが同じ組でシニアデビューを果たすのは、2010年のコーリー・ペイビンフレッド・カプルス以来10年ぶりのこと。さらに2011年「プレーヤーズ選手権」優勝のチェを含めると、3人のPGAツアー通算勝利数は33にも上る。

今大会はプロアマも世界に先駆けて再開され、ツアーも新しいスタートが本格化。「来年か、再来年にはフルタイムでシニアツアー選手になるかもしれない。この秋もたくさんプレーしたい。まずは3日間大会に慣れないといけない」というフューリックは4アンダー6位と好発進。ウィアは2アンダー24位、チェはイーブンパー54位で滑り出した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ジ・アレイチャレンジ

  • 2020/07/31~2020/08/02
  • 賞金総額:2,000,000US$
  • ワーウィックヒルズG&CC(ミシガン州)



特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!