ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

石川遼「日本プロ」優勝で変わったプラン

2019/07/10 20:13


◇ツアー外競技◇ひかりTV 4K・FUNAI ダブルスゴルフ選手権(10日)◇平川カントリークラブ(千葉県)◇6892yd(パー72)

前週に「日本プロ」初制覇を果たした石川遼が、同じ事務所の後輩で今季1勝の若手、星野陸也とペアを組んでツアー外のダブルス競技に出場した。「これだけのそうそうたる先輩方が集まった大会。ダブルスもやっていてすごく楽しかった」と、国内ツアーにはない大会フォーマットに新鮮さを感じたようだった。

優勝には2打届かずの3位でフィニッシュ。「今回は順位を競ったが、目の前の相手との戦いではないので、これがトーナメントになったりしたら面白いと思う」と、ゴルフ界の改革を担う選手会長らしい感想も口にした。

3季ぶりの優勝から間を置かず行われた大会の会場では、選手仲間などから祝福も受けた。「メジャーで勝った達成感というより、自分のプレーをやりきった感じだった。その舞台が日本のメジャーだったからこそ力が出せた」と改めて振り返った。

今季は国内ツアーの序盤から腰痛で離脱を余儀なくされたが、今回の国内三大大会制覇で5年シードを獲得。来季の出場権も危ぶまれていた中、石川は「(25位までが使用できる)生涯獲得賞金の資格を使わずに済むというので、だいぶプランは変わった」と打ち明ける。「復帰してこれだけゴルフがかみ合ってきているのは思ったより早かった。ラッキーだなと思う」とも。

今後は国内ツアーが再開される8月の「セガサミーカップ」まで、「北陸オープン」、「フューチャーGOLFツアー北海道大会」に出場予定。獲得した5年シードでシナリオをアップデートして「まだまだ登り始めたばかり」という山頂を目指す。(千葉市緑区/清野邦彦)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。