ニュース

米国女子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

稲見萌寧が銀 日本ゴルフ初のメダル 金は米国のコルダ

2021/08/07 14:10


東京五輪 女子最終日(7日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇女子6648yd(パー71)

首位に5打差の3位から出た稲見萌寧が9バーディ、3ボギーの「65」で回り、通算16アンダーの2位でホールアウト。並んだリディア・コー(ニュージーランド)とのプレーオフを制して、銀メダルを獲得した。

<< 下に続く >>

東京都出身、国内ツアー7勝の22歳。前回2016年の「リオデジャネイロ五輪」で112年ぶりに正式種目に復帰したゴルフで、男女を通じて初めてメダルを日本にもたらした。

稲見は前半9ホールを終えて5位に後退したが、後半12番から圧巻の4連続バーディを奪取。首位に1打差に迫ると、17番(パー3)、雷雲接近により49分の中断を経た再開直後のバーディパットを沈めてトップに並んだ。最終18番で第2打をグリーン手前のバンカーに入れてボギーとし、米国のネリー・コルダに金メダルを譲った。

プレーオフ1ホール目で稲見が先にパーを決めたのに対し、コーはパーパットを外した。

世界ランキング1位のコルダは通算17アンダー。米国はザンダー・シャウフェレとともに男女で金メダルを獲得した。

コーはリオ五輪の銀メダルに続いて、銅メダルを手にした。

8アンダー7位から出た畑岡奈紗は3バーディ、1ボギー「69」とし、通算10アンダーの9位。フィリピン代表の笹生優花は「65」をマークし、同じ10アンダー9位で終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!