ニュース

米国女子KPMG女子PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

パク・ソンヒョンがメジャー2勝目 畑岡奈紗はプレーオフで敗れる

◇海外女子メジャー第3戦◇KPMG女子PGA選手権 最終日(1日)◇ケンパーレイクGC(イリノイ州)◇6741yd(パー72)

通算10アンダーの首位で終えたユ・ソヨンパク・ソンヒョン(ともに韓国)、畑岡奈紗の3人がプレーオフに突入。1ホール目(18番)に唯一バーディを逃した畑岡が最初に脱落。2ホール目(16番)もバーディとしたパクが大会初優勝を飾った。メジャー通算では2017年「全米女子オープン」に続く2勝目。ツアー通算4勝目となった。

プレーオフ2ホール目(16番)の2打目を打ち終えたところで雷雲接近により中断したが、すぐに再開。パクが2.5mのバーディパットを沈めて決着をつけた。

畑岡は23位から9打差を追った最終ラウンドを2イーグル5バーディ、1ボギーの「64」とし、首位に並んでプレーオフに進出。1ホール目ではフェアウェイからの2打目をグリーン右奥にこぼし、6ydのバーディトライを外して敗退した。1977年大会の樋口久子以来、41年ぶりとなる日本人女子2人目のメジャー制覇は惜しくも叶わなかった。

上原彩子は通算8オーバーの60位。横峯さくらは通算10オーバーの66位で4日間を終えた。

<上位のスコア>
優勝/-10/パク・ソンヒョン(プレーオフ)
2T/-10/畑岡奈紗ユ・ソヨン
4T/-7/ジェシカ・コルダエンジェル・イン
6T/-6/チャーリー・ハルブルック・ヘンダーソン

関連リンク

2018年 KPMG女子PGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストにはケーシー・コモトプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~