ニュース

国内女子富士通レディース 2021の最新ゴルフニュースをお届け

古江彩佳がツアー5勝目 変則プレーオフ決着で勝みなみを下す

◇国内女子◇富士通レディース 最終日(17日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6679yd(パー72)

古江彩佳勝みなみとのプレーオフを制し、2020年「大王製紙エリエールレディス」以来となるツアー5勝目を挙げた。アマチュアで制した19年に続く大会2勝目。

<< 下に続く >>

降雨によるコースコンディション不良で最終ラウンドが中止となり、天候回復後、2日目を終えて通算12アンダー首位に並ぶ2人による3ホール(16、17、18番)のストロークプレーでのプレーオフを実施。

ともに16番(パー5)をパーとし、17番(パー3)で古江がバーティを奪って、パーとした勝をリード。18番でともにパーパットを残して、古江が決めて軍配が上がった。

通算11アンダー3位に渋野日向子。通算9アンダー4位に賞金ランキングトップの稲見萌寧上田桃子が並んだ。

前回20年大会覇者の申ジエ(韓国)は通算4アンダー22位で大会を終えた。

最終日が中止でプレーオフを実施した大会は、1988年のツアー制度施行後では2013年「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」(優勝イ・ボミ)以来、5度目。今大会の賞金ランキングへの加算は75%となる。

<最終成績>
優勝/-12/古江彩佳
2/-12/勝みなみ
3/-11/渋野日向子
4T/-9/稲見萌寧上田桃子
6T/-8/柏原明日架高木優奈

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 富士通レディース 2021




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!