ニュース

国内女子宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

成田美寿々が今季初優勝 有村智恵とのプレーオフを制す

2018/06/10 15:17


◇国内女子◇宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 最終日(10日)◇六甲国際GC(兵庫)◇6525yd(パー72)

4打差の10位から出た成田美寿々がボギーなしの6バーディ「66」でプレーし、有村智恵と首位に並ぶ通算16アンダーでホールアウト。18番の繰り返しで行われたプレーオフ4ホール目をバーディとして決着をつけ、今季初優勝を2017年「大東建託・いい部屋ネットレディス」以来となるツアー通算9勝目で飾った。

有村は4ホール目をパーとして敗れ、2012年「日本女子プロゴルフ選手権」以来となる6季ぶりのタイトルを逃した。

通算15アンダー3位に今季2勝のアン・ソンジュ(韓国)と岩橋里衣。通算14アンダー5位に永井花奈木戸愛が並んだ。

首位と2打差でスタートした17歳でアマチュアの安田祐香(兵庫・滝川第二高3年)は「73」と1つ落とし、通算11アンダーの13位でフィニッシュ。同スコアで終えたイム・ヒジョン(韓国)とともにローアマタイトルを獲得した。

2週連続優勝がかかっていた大山志保は通算10アンダー16位。前年覇者のキム・ハヌル(韓国)は通算9アンダー25位で終えた。

<上位成績>
優勝/-16/成田美寿々
2/-16/有村智恵
3T/-15/アン・ソンジュ岩橋里衣
5T/-14/永井花奈木戸愛
7T/-13/比嘉真美子小祝さくら岡山絵里

関連リンク

2018年 宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~