ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

復帰2戦目の鈴木愛が首位発進 香妻琴乃と並ぶ

◇国内女子◇マンシングウェアレディース東海クラシック 初日(14日)◇新南愛知CC美浜コース (愛知)◇6446yd(パー72)

今季4勝の鈴木愛が6バーディ、ボギーなしの「66」で回り、香妻琴乃と並ぶ6アンダーで今季4度目の首位発進を切った。

7月初旬の「ニッポンハムレディス」期間中に右手首を痛めた鈴木は、前週「日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯」で約2カ月ぶりに復帰したばかり。前週に賞金ランキングはトップから3位に後退した。今季は第1ラウンドをトップで終えた3試合で、いずれも優勝している。

香妻は16年「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」以来の初日首位になった。

1打差の5アンダーの3位に新垣比菜、4アンダーの4位にイ・ミニョン(韓国)がつけた。藤本麻子福田真未権藤可恋、15年大会覇者キム・ハヌル(韓国)が3アンダーの5位タイに続いた。

賞金ランク2位のアン・ソンジュ(韓国)や同4位の比嘉真美子、アマチュアの安田祐香(兵庫・滝川第二高3年)ら19人が2アンダーの9位に並んだ。

前年覇者の川岸史果は4オーバーの93位と大きく出遅れた。

<主な上位成績>
1T/-6/鈴木愛香妻琴乃
3/-5/新垣比菜
4/-4/イ・ミニョン
5T/-3/藤本麻子権藤可恋福田真未キム・ハヌル
9T/-2/比嘉真美子アン・ソンジュ柏原明日架諸見里しのぶ宮田成華岡山絵里エイミー・コガ安田祐香(アマ)ほか

関連リンク

2018年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~