ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

鈴木愛がプレーオフ制し、2季ぶり2勝目

◇国内女子◇中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 最終日◇中京GC石野コース(愛知)◇6431yd(パー72)

3人が並ぶ首位から出た鈴木愛が、4位スタートの上原美希、10位から「67」をマークした藤本麻子と通算9アンダーで並んで突入したプレーオフを制し、今季初優勝を飾った。2014年9月の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」に続くツアー通算2勝目。

18番で行われたプレーオフ。1ホール目にバーディとした鈴木、上原に対し、藤本がパーで脱落。2ホール目で上原は約3mのバーディパットを外したが、鈴木愛はピンそば約10cmにピタリと寄せてバーディを奪い、勝負を決した。

通算8アンダーの4位に川満陽香理が続いた。首位タイで出た酒井美紀は通算6アンダーの11位、永峰咲希は通算4アンダーの20位でフィニッシュした。

勝みなみ(鹿児島高3年)は1バーディ、1ボギーの「72」でプレーし、通算3アンダーの25位でベストアマチュア賞を獲得した。

関連リンク

2016年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストにはケーシー・コモトプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~