ニュース

国内男子パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2年ぶり開催の舞台は京都 石川遼は比嘉一貴、堀川未来夢と予選同組

◇国内男子◇パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 事前情報◇城陽CC (京都)◇6967yd(パー72)

今年で11回目を迎える大会は京都・城陽CCを舞台に23日に開幕する。2016年に日本とアジアの共同主管競技として復活したが、コロナ禍となった昨年は外国人選手の入国制限が障壁となって開催が見送られた。2年ぶりとなる今年は国内ツアーの競技として無観客で行われる。賞金総額1億円(優勝賞金2000万円)をかけて、総勢120人が競う。

<< 下に続く >>

前回2019年大会は兵庫県の東広野ゴルフ倶楽部で行われ、当時41歳の武藤俊憲が通算21アンダーで4年ぶりのツアー通算7勝目を挙げた。

来季の米下部コーンフェリーツアー参戦を目指して、今秋に国内ツアーを一時離脱する石川遼は予選ラウンドを今季1勝の比嘉一貴堀川未来夢と同組でプレーする。前週大会を16位で終え、その前の2試合は連続2位。今季初勝利が待たれる。

賞金ランキング1位を走る星野陸也、同2位の木下稜介がしのぎを削るほか、前週大会で逆転優勝したスコット・ビンセント(ジンバブエ)が2試合連続優勝を狙う。アマチュアでは世界アマチュアランク1位の日体大3年の中島啓太と、同校で1つ先輩の河本力らが主催者推薦で出場する。

<主な出場予定選手>
武藤俊憲池田勇太石川遼稲森佑貴今平周吾岩田寛片山晋呉木下稜介谷口徹時松隆光比嘉一貴藤田寛之堀川未来夢星野陸也宮里優作宮本勝昌スコット・ビンセント深堀圭一郎河本力(アマ)、中島啓太(アマ)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!