ニュース

国内男子ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦・決勝)の最新ゴルフニュースをお届け

クロンパが今平周吾を破りツアー初勝利

◇国内男子◇ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝戦)決勝(9日)◇鳩山カントリークラブ(埼玉)◇7115yd(パー72)

決勝が行われ、タイのタンヤゴーン・クロンパが2&1(1ホールを残して2アップ)で賞金ランキング1位の今平周吾を下し、日本ツアー初優勝を遂げた。

クロンパは13番(パー5)までに3アップのリード。今平が16番で10m以上を沈め、2アップとなった。17番(パー3)で今平が1.5mのチャンスを外し、勝負が決した。

2014年から日本ツアーに参戦する28歳のクロンパはうれしい初勝利となり、優勝賞金5200万円を獲得した。

3位決定戦では、ラタノン・ワナスリチャン(タイ)が池田勇太を2アップで下した。

<決勝の結果>
今平周吾 2&1 タンヤゴーン・クロンパ
池田勇太 2UP ラタノン・ワナスリチャン

関連リンク

2018年 ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦・決勝)




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~