ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

国内開幕戦 リオ五輪をかけた「2番手」争いが再スタート

日本男子ツアーの「東建ホームメイトカップ」は14日(木)から三重県の東建多度カントリークラブ・名古屋で開催される。「マスターズ」の興奮冷めやらぬ中、国内開幕戦として再スタートを切る。

2016年シーズンの賞金ランキング加算対象試合としては今大会が3試合目。1月末から2週連続で行われたアジアシリーズは「SMBCシンガポールオープン」で昨季新人王のソン・ヨンハン(韓国)がツアー初優勝、「レオパレス21ミャンマーオープン」を、アジアンツアーを主戦場とするショーン・ノリス(南アフリカ)が制した。

昨年はキム・キョンテ(韓国)が手にした賞金王争いはもとより、今年の前半戦は8月のリオデジャネイロ五輪代表の座をかけた戦いに直結する。現段階で日本男子の出場枠は2つ。米ツアーを主戦場とする世界ランキング13位の松山英樹は確定的だが、2番手を巡ってしのぎを削る場面は国内男子ツアーでも繰り広げられそうだ。

現在、松山に次ぐのは世界ランキング78位の片山晋呉で、続いて同99位の池田勇太。米国に渡った岩田寛が111位で4番手。以下は藤本佳則(115位)、宮里優作(117位)、谷原秀人(120位)、石川遼(132位/今大会は欠場)、小平智(144位)と続く。代表選手が決まるのは7月11日。前日10日(日)に終わる「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」まで、ツアーは9試合残されている。

今大会の優勝スコアは、昨年がマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)で通算15アンダー、一昨年は宮里優作の通算14アンダー。上空を抜ける春風が厄介だが、天候が穏やかならばバーディ合戦は必至だ。

<主な出場予定選手>
マイケル・ヘンドリー池田勇太稲森佑貴今平周吾尾崎将司小田孔明片岡大育片山晋呉川村昌弘キム・キョンテ小平智谷原秀人藤田寛之藤本佳則宮里優作武藤俊憲長谷川祥平

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 東建ホームメイトカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。