ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

さくらは11位、残り7試合で「ベストを尽くす」

「SANKYOレディース」最終日を通算イーブンパーの26位タイで迎えた横峯さくらは、6バーディ、3ボギーの「69」と3ストローク伸ばしてホールアウト。通算3アンダーの11位タイで4日間を終えた。

この日は古閑美保と同組となり、大勢のギャラリーを引き連れる最終組さながらの雰囲気の中、スタートホールの1番でボギーを叩くも、直後の2番で1.5mを沈めバーディ。さらに4番(パー5)でも4mを沈めてバーディを重ね、前半で2つ伸ばして折り返す。

2日目は苦しんだパットも、この日は「思ったところに打てていた」と復調。後半に入っても13番、14番(パー5)と連続バーディ。15番、16番と連続ボギーを叩くも、上がり2ホールを連続バーディで締め、「仕方のないボギーという感じだったし、いい上がり方ができたので良かったです」と納得の表情で3日間の戦いを終えた。

2日目、最終日とスコアを伸ばし上位に食い込んだが、賞金ランクトップを走るアン・ソンジュが優勝して賞金1,800万円を加算、横峯との差は約3,093万円に広がった。「すごく離されているので少しでも近づきたい気持ちもありますが・・・。まずは自分のゴルフをして、その後だと思います」。残すは7試合、「自分のベストを尽くしたい」と前を見据えた。(群馬県高崎市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。