最近のニュース 新着一覧≫


2017/08/24GDOEYE

女子プロよりも面白い?男子プロとプロアマ戦を回ってみた

。 ――と、“役得”のプロアマ戦をつぶさに振り返ってみたが、少しでもうらやましく感じていただけだろうか?・・・これを機に、女子プロとのプロアマ戦では体験できない男子プロとのラウンドに、皆さんも興味を持っていただけたら嬉しいかぎりだ。(編集部・今岡涼太
2017/08/02GDOEYE

英国ウィラル半島の1日ゴルフ旅

過ごすことを願っています」 どこにいっても感じた人の温もり。ほんの短い旅だったが、ゴルフの懐に抱かれた安心感がこの地にあった。(英国サウスポート/今岡涼太
2017/08/25GDOEYE

ツアー初の演出! 登場曲“勝手に”ランキング(2日目)

続けていて「朝来たら、ハワイにいるみたいだった」(大堀裕次郎)というイベントっぽさの演出にひと役買っている。いつもは水を打ったような静寂を求められるプロトーナメントだけど、音楽が流れていても気にならないし、子どもたちも陽気にはしゃげてとっても良いと思います。(福岡県糸島市/今岡涼太
2017/09/03GDOEYE

中学生からプロゴルファーへ “あやめ”と“梅”の成長物語

。「(梅原氏に)『ガッツポーズくらいしてみろよ!』って言われるけど、ちょっと恥ずかしい。梅さんに見られていると余計にできない」とはにかんでしまう。もし、あなたが森井のガッツポーズを見たならば、それは彼女がまた1つ、小さな壁を越えた証しだ。(千葉県市原市/今岡涼太
2017/07/27GDOEYE

「プロセスをイメージできない」石川遼が抱える葛藤

かもしれない。 結局はプレーする本人が自分自身をどう納得させるかだ。「すごくうまくなりたいっていうことしかない。いまはそれに徹することしかないのかなと思う」。公傷制度で出場できるのは残り2試合。刻々と過ぎていく時間との戦いでもある。(カナダ・オークビル/今岡涼太
2017/07/16GDOEYE

世界1位の飛距離なるか?葭葉ルミと“クレイジー”な挑戦者たち

)と18番(パー5)。「昨日まで(平均飛距離1位とは)知らなくて…でも、きょうはさすがに意識してやりました」という葭葉。そのひと振りは、これまで苦渋を味わってきた男たちの夢も乗せている。(ニュージャージー州ベドミンスター/今岡涼太
2017/07/13GDOEYE

「全米女子」に来る?来ない?トランプ氏報道に選手の反応は

あると報道するなど、週末にかけての動きは予断を許さない。 USGAは「正直に言って、我々は大統領のスケジュールを知らない。唯一知っているのは、彼は金曜日にフランスでパリ祭に出席する予定ということだけだ」としている。(ニュージャージー州ベドミンスター/今岡涼太
2017/05/30GDOEYE

宮里藍の影響力 あるゴルフ記者の場合

ない毎日だった。あれから10年以上経っているが、いまだにゴルフ界で働いている。振り返っても、やっぱりきっかけは藍プロだ。ほら、気安く“藍ちゃん”なんて呼べないでしょ。どうしても沖縄に足を向けて寝るわけにはいかないのだ。いまは「ありがとう」という言葉しか思い付かない。(編集部・今岡涼太
2017/08/04全英オープン

全英オープン2017:なぜR&Aはバークデールでロースコアを黙認したか?

明らかだ。 ゆえに、上記すべてのことは実にR&AとUSGAが議論を促進させるための共同努力であり、同様にいくつかのクラブメーカーとのある種の協定のように見える。ゴルフ界における2つの最も偉大な選手権を制するには、飛距離と巧みなショートゲーム以外の要素も含むべきだ。(訳:今岡涼太/GDO)
2017/09/17エビアン選手権

巧みな切り替え光る 宮里藍は27位からラスト18ホール

まで自分らしくやれれば、達成感は得られると思うし、どこまでコントロールできるか楽しみです」と、いつも通りに抱負を語った宮里だが、残された1打1打の重みは、見ているわたしたちの方が感じそうだ。(フランス・エビアン/今岡涼太