GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子WGCブリヂストン招待の最新ゴルフニュースをお届け

WGCブリヂストン招待
期間:08/03~08/06  場所: ファイヤーストーンCC(サウス)(オハイオ州)

松山英樹が2打差4位 Z.ジョンソンとT.ピータースを追う

順位 選手名 通算 合計
1 Z.ジョンソン -9 201
1 T.ピータース -9 201
3 S.ヘンド -8 202
4 松山英樹 -7 203
5 A.ハドウィン -6 204
5 C.ホフマン -6 204
5 R.マキロイ -6 204
8 R.ノックス -5 205
9 P.ケーシー -4 206
10 B.ワトソン -3 207

スコア詳細を見る

2017年 WGCブリヂストン招待 3日目 ザック・ジョンソン
初のWGCタイトルへ向け、首位に浮上したザック・ジョンソン(Sam Greenwood/Getty Images)【拡大写真】

◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 3日目(5日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

松山英樹が今季3勝目、WGCシリーズ通算2勝目へ向けて好位置をキープした。ムービングデーを迎えた3日目は、中盤の2ボギーを5バーディで取り返して3アンダー「67」。通算7アンダーとして、首位と2打差の4位に付けた。

通算9アンダーで首位に立つのは、ザック・ジョンソントーマス・ピータース(ベルギー)の2人。ともに初のWGCシリーズ制覇を目指している。

通算8アンダーの3位には、この日8バーディ、1ボギーの「63」で一気に浮上してきたスコット・ヘンド(オーストラリア)。通算7アンダーの4位に松山が続き、通算6アンダーの5位にアダム・ハドウィン(カナダ)、チャーリー・ホフマンロリー・マキロイ(北アイルランド)の3選手が付けている。

ジェイソン・デイ(オーストラリア)は、ブルックス・ケプカらと並び通算3アンダーの1位。ジョーダン・スピースは通算2アンダーの16位で、世界ランク1位のダスティン・ジョンソンは、通算1オーバーの30位とした。

日本勢では、小平智が通算5オーバーの49位、谷原秀人が通算6オーバーの58位で3日目を終えている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?