GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子RBCヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

RBCヘリテージ
期間:04/13~04/16  場所: ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

「期待していない」ダフナーが今季初勝利へ王手 谷原秀人&池田勇太は後退

順位 選手名 通算 合計
1 J.ダフナー -13 200
2 G.デラエ -12 201
3 K.キスナー -11 202
3 W.シンプソン -11 202
5 I.ポールター -10 203
6 W.ブライアン -9 204
6 W.マクガート -9 204
6 L.ドナルド -9 204
9 J.J.スポーン -8 205
9 T.ハットン -8 205

スコア詳細を見る

2017年 RBCヘリテージ 3日目 谷原秀人
谷原秀人は31位に後退して最終日を迎える【拡大写真】

◇米国男子◇RBCヘリテージ 3日目(15日)◇ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)◇7099yd(パー71)

7アンダー5位からスタートしたジェイソン・ダフナーが2イーグルを含む「65」をマークし、通算13アンダーとして単独首位に立った。昨年1月の「キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーション」以来となる、今シーズン初勝利へ前進した。

ダフナーは前週の「マスターズ」で初日4位発進を切りながら、33位でフィニッシュ。「とにかく噛み合わなかった」と4日間で17個バーディを奪いながら、通算5オーバーに終わった出入りの激しい展開を悔やんだが「良いプレーができていると思えたし、バーディをたくさん獲れたのは、今後オーガスタで戦う上での自信になった」という。

今大会は過去9回出場で8度の予選通過を果たしているが、最高成績は2011年の14位タイ。「実はあまり期待はしていないんだ。過度な期待は良くないことのひとつ。いかにプレーするかだけを考える」と、ツアー通算5勝目を目前にしても、普段どおりリアクションも控えめだった。

1打差の2位にグラハム・デラエ(カナダ)。さらに1打差、通算11アンダー3位タイにケビン・キスナーウェブ・シンプソンが並んだ。トップから5打差以内に12人がひしめく混戦で最終日を迎える。

通算5アンダー16位から出た谷原秀人は4バーディ、5ボギーの「72」で通算4アンダー31位に後退。首位とは5打差から9打差に広がった。

63位で決勝ラウンドに進んだ池田勇太も3バーディ、4ボギーの「72」とスコアを一つ落とし、通算イーブンパーで69位に順位を下げた。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?