GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

レイシュマンが逆転で米ツアー2勝目 松山は45位に沈む

順位 選手名 通算 合計
1 M.レイシュマン -11 277
2 C.ホフマン -10 278
2 K.キズナー -10 278
4 T.ハットン -9 279
4 R.マキロイ -9 279
6 A.ハドウィン -8 280
7 L.グローバー -7 281
7 F.モリナリ -7 281
7 E.グリジョ -7 281
10 T.フリートウッド -6 282

スコア詳細を見る

2017年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード 最終日 マーク・レイシュマン
5年ぶり2度目のツアー優勝を遂げたマーク・レイシュマン【拡大写真】

◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待byマスターカード 最終日(19日)◇ベイヒルC&ロッジ(フロリダ州)◇7419yd(パー72)

3打差3位から出たマーク・レイシュマン(オーストラリア)が、終盤16番でイーグルを奪って単独首位に躍り出ると、この日2アンダー「69」で後続に1打差をつけてゴールイン。通算11アンダーで、2012年の「トラベラーズ選手権」以来となる米ツアー2勝目をマークした。

通算10アンダーの2位に、最終組で回ったチャーリー・ホフマンケビン・キスナーの2人。通算9アンダーの4位にロリー・マキロイ(北アイルランド)とティレル・ハットン(イングランド)が続いた。

松山英樹は1バーディ、5ボギーの4オーバー「76」とスコアを落として、通算2オーバーの45位タイ。フェデックスカップランキングでは1位に返り咲いたが「(なぐさめには)ならないですね、まったく」と喜ぶ素振りは微塵もなかった。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?